ドキドキしたいならテレクラ

出会い系サイトでも会うときになればドキドキしますが、それまではちょっとシステマティックになってしまいますよね。男性によっては女性に対するアプローチのメッセージをコピペでちゃかちゃか送ってしまったりして、あまり情緒的でもありません。しかしテレクラの場合にはいきなり会話するわけですから、その時点でドッキドキですよね。そういった新鮮な体験ができます。テレクラの醍醐味と言ってもいいかもしれません。相手が慣れているならばいいですが、自分も相手もあまり慣れていない場合には、ついつい会話も途切れがちになります。シーンとしてしまう時間もできてしまうかもしれません。ただこの無言の時間というのは初対面の二人にとっては恐怖です。声だけなのですから一気に不安になってしまいますよね。こういったときにリードすべきは男性です。くだらないことをべらべら話すと軽薄ですが、何かしら話しかけると、相手は安心します。ただし質問攻めというのはよくありません。よく細々と質問をしてしまう人がいますす。これはイマジネーションを働かせるための材料を収集しているのかもしれませんがテレクラで出会いに繋げる会話術 テレHテク紹介~escort-nikole~相手にしてみれば職務質問かよ!それとも面接か?といった気分になり、決して愉快ではありません。特に人妻に対して旦那さんはなにしてるの?とか子供は何人?とか夫婦生活がなくなってるの?なんて質問は絶対によくありません。馬鹿にされているのかな?という気持ちになってしまいますよね。自分がされて気分が良くないであろうことは、相手だって嫌なものです。テレクラということでもありませんが、婚活の場で嫌われる第一が「自分自慢の激しい人」で第二位が「質問ばかりしてくる人」だそうです。好感を持たれなければ先に進まないという点でテレクラも婚活も似てますので、こういった感じの人はどちらでも嫌われてしまうはずです。適度の質問は相手の口青開かせる意味でも効果的ですが、あまりにズカズカと土足で入り込んでしまうような内容は避けましょう。特に人妻は普段の生活と違った変身願望もあって電話を掛けてきている人も多いのです。いきなり現実に引き戻されるようなことは好みません。自分から口に出すまで、そのような内容に触れないのが賢明です。
予め差障りのない内容の会話を準備しているといいかもしれません。お天気の話はあまりに芸がありませんが、嫌な質問よりはわるくありません。口下手でごめんね。といってしまうのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>